FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

「食事券」が好評

岡崎市プレミアム付商品券
申し込み23日まで

1日に申し込みが始まった「岡崎市プレミアム付商品券」は、23日の締め切り(往復はがきの場合は消印有効)まで残り1週間となった。同市などによると、飲食店のみで使用できる「食事券」がデジタル、紙の両券共に好評という。()

1セット6000円分(1000円券が6枚)の商品券は、県内初となるデジタル券と、従来型の紙券の2種類。さらに登録全店で使用できる「共通券」と飲食店のみで使用できる「食事券」に分かれており、デジタル共通券、デジタル食事券、紙共通券、紙食事券の4つが存在する。共通券はデジタル、紙共に1セット5000円(1000円分の得)、食事券はデジタル、紙共に1セット4000円(2000円分の得)でそれぞれ購入できる。デジタル券は無料通信アプリ「LINE」を活用。スマートフォンで岡崎市プレミアム付商品券実行委員会を「友だち登録」して手続きをする。1人当たり最大計20セット(デジ共通、デジ食事、紙共通、紙食事を5セットずつ)申し込める。応募多数時は抽選となり、結果は10月1日に発表。5セット分申し込んでいても、抽選で1セット分しか当たらないというケースもあり得る。

申込数は締め切り後に公表されるが、お得感の強い食事券が比較的人気という。現在、登録店数は1000を超えており、そのうち飲食店は約400。実行委員会関係者は「使用できる飲食店が多いことや、今年度で20歳以上になる市民であれば誰でも購入できる点が奏功しているのでは」と分析した上で「1人でも多くの方に利用してもらいたい」と呼び掛けている。

利用できる店舗は、岡崎市公式観光サイト「岡崎おでかけナビ」内の専用ページで確認できる。利用期間は10月1日から(紙は同15日から)来年2月15日まで。問い合わせは、コールセンター(64—2036)へ。

ページ最初へ