11月17日【金】
■岡崎の「図書館交流プラザ」
愛称は「Libra」

 岡崎市の康生地区で整備が進む生涯学習複合施設「(仮称)岡崎市図書館交流プラザ」の愛称が、「Libra(りぶら)」に決まった。
 同市では今年7月の1カ月間、愛称を募集。439件の応募があり、同プラザの管理運営等検討会で5つの候補を選考。10月に市民による投票を行った結果、ライブラリー(図書館)とリバティー(自由)をかけた「Libra」が514票の最多だった。
 提案者の美合町、板倉和香さん(32)は「幅広い世代に愛され、利用されるというイメージから、自由な図書館を発想した。環境を考え、長く親しまれる施設になることを願っている」と話している。



HOME