FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

消防PRバッジ配布

岡崎城下家康公秋まつり キャッシュレス体験も

岡崎の秋の一大イベント「岡崎城下家康公秋まつり」が2、3日、岡崎公園多目的広場や乙川河川敷などで開かれる。「岡崎ジャズストリート2019」(NPO法人岡崎ジャズストリート主催)、「岡崎ストーンフェスタ」(岡崎石製品工業協同組合主催)も同時開催される。()

岡崎公園多目的広場での「商工フェア」には、スポーツ体験をはじめ市内やゆかりのまちの特産品販売などを行うブースが並ぶ。岡崎信用金庫、大垣共立銀行、三井住友銀行が共同でキャッシュレス決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」の体験ブースを出展。来場者には市内の加盟店で使える100円分のクーポンを各日先着500人に配布する。自分のスマートフォンと、クレジットカードまたは決済額を引き落とす銀行口座番号が必要。

乙川河川敷では農林業祭や秋空てづくり市、体験コーナーなどがある。2日の「消防ひろば」では、市消防本部が作成したレッドサラマンダー(全地形対応車)のPRバッジや防火パンフレットを配布。バッジは直径3センチで赤、青、黒の3種類。それぞれ水陸両用の機能と緊急出動を思わせるデザインになっている。午前の「1日消防士体験」参加か午後の「消防防災クイズ」全問正解でプレゼント。各先着500個。

ジャズストリートは2日、市内の26会場(有料12、無料14)でライブが行われる。開演時間は2日が午後1時、3日が午前11時。初日の午前11時45分から、ジャズミュージシャン十数人が、明大寺町の明代橋東から今回無料会場に加わった複合商業施設「オト リバーサイドテラス」まで東に約150メートル行進する。到着後、同施設で開会式を行う。雨天中止。

岡崎ストーンフェスタは乙川河川敷左岸で。市内の石材業者による石灯籠、墓石といった製品、「石材コンテスト2019」(東海愛知新聞社など後援)の応募作品、市内で見ることができる石彫作品の紹介パネルなどを展示。石割りやサンドブラストも体験できる。2日午前10時から東海オンエア考案のキャラクターをかたどった石のモニュメントの除幕式も行う。また、会場内では3日に水切り石大会「石-1グランプリ」(岡崎石材青年クラブ主催)も行われる。

桜城橋工事見学会

岡崎市唐沢町で2日、現在建設中の桜城橋の工事見学会が開かれる。荒天中止。

橋の北側にある現場事務所で受け付け。午前10時30分〜午後2時30分に30分ごとに見学会が行われる。各回先着30人。

また、桜城橋の橋面を覆う木材にメッセージを書き込む体験もある。午前10時〜午後3時に随時受け付け、記入スペースがなくなり次第終了。小学生以下は保護者同伴。

事前申し込み不要で当日会場へ。

ページ最初へ