FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

郷蔵と御廟所を指定

岡崎市 歴史的風致形成建造物

岡崎市は、同市市場町の「市場町郷蔵(ごうぐら)」と松本町の「松平広忠公御廟所(びょうしょ)」を、きょう1日付で「歴史的風致形成建造物」(歴史的な風情や情緒、たたずまいの維持向上に重要な建造物)に指定する。8月20日の市歴史まちづくり協議会(瀬口哲夫会長)で答申を受け、決定した。

市まちづくりデザイン課によると、市場町郷蔵は、江戸時代後期の1789(寛政元)年に築造。郷蔵は年貢米の保管や、天災・凶作に備えた穀物の備蓄に使う蔵。全国の各村にあったが、現在は市場町を含めて市内に2棟しか残っていない。1913(大正2)年に徳正寺の参道から、津島神社の参道に移築。横幅2間半(4.36メートル)、奥行き6間(11.94メートル)の木造平屋で、外壁は金属製の波トタンで覆われている。

移築時に改造され、町内に電線が敷設されたことで使用できなくなった山車の一部が(はり)に使われている。祭具を再利用すること自体珍しく、文化財指定は受けていないが地域の歴史や文化、住民の思いを今に伝える重要な建造物として認められた。

松平広忠公御廟所は、徳川家康が父・松平広忠を弔うために建立した松應寺の境内にあり、1605(慶長10)年に家康が整備。家康が植えた松の木を中心に拝殿、鳥居、玉垣などがあったとされる。土を押し固めて建造物を形成する「版築工法」を用いた珍しい土塀が現存。松平・徳川の両家の縁が深く、家康の生誕地ならではの、歴史的風致を形成するとして選ばれた。

ページ最初へ