FMおかざき

東海愛知新聞

満点合格者ゼロ

新・家康公検定の結果
最年少7歳、最年長92歳

岡崎商工会議所などで10月7日に行われた「新・家康公検定」の結果がきょう1日、全受験者に通知される。受験者総数564人中、469人が70点以上で合格。合格率は83.2%で、満点合格者はいなかった。

平均点は81.5点。最年少合格者は小学2年生(7歳)、最年長合格者は92歳と共に通算8回目の検定で過去最高を更新した。最高得点者は99点の5人。グレート家康公「葵」武将隊の5人も合格した。

試験結果は問題と解説集を添えて全受験者に郵送。合格者には合格証と合格記念ピンバッジが同封される。

表彰式は24日午後1時から、岡崎市中町の長誉館で。最高得点と最年長、最年少の合格者、90点以上の小中学生3人の計10人が、德川記念財団の德川恒孝理事長から表彰状を受け取る。式後は同財団の德川家広理事(恒孝理事長の長男)の講演がある。()

ページ最初へ