FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

行楽期に多彩な催し

4、5日 岡崎城下家康公秋まつり

岡崎城下家康公秋まつり」が4、5の両日、岡崎市の中心市街地一帯で開かれる。岡崎公園多目的広場の商工フェアを中心に、乙川河川敷の農林業祭や乙川を遊覧する「舟あそび」、同時に開催される「岡崎ジャズストリート2017」など行楽シーズンにちなんだ多彩な催しがある。(今井亮)

商工フェアは特設ステージでグレート家康公「葵」武将隊の演武、サイエンスショー、ダンスパフォーマンスをはじめ、会場内で使用できる地域通貨「ルネ」がプレゼントされるオカザえもんとのジャンケン大会、1トンの石が割れるまでハンマーで順番にくさびを打ち込む「石割りロシアンルーレット」などがある。また東日本大震災の被災地支援で同市と交流が生まれた宮城県亘理町の郷土料理「はらこめし」岡崎まぜめんが販売されるほか、おかざき匠の会による体験ブースなどが並ぶ。

乙川河川敷では午前9時から農産物を販売する農林業祭や消防・自衛隊ひろば(4日)、岡崎城跡史跡見学ツアー(5日)の各ブースが出展され、手づくり雑貨の見本市「秋空てづくり市」を開催。乙川に架かる潜水橋付近では「石-1グランプリ」(5日)と題し、小学生以下と中学生以上の2部門で、岡崎産御影石の水切り石を投げて水面をはじいた回数を競う。優勝者にはルネ、上位5位に景品をプレゼントする。

康生地区では4日正午に岡崎ジャズストリート2017の幕開けとなるジャズパレードがある。雨天中止。

臨時駐車場として、市役所西・東立体駐車場、西三河県民事務所立体駐車場、乙川河川敷テニスコート・ローラースケート場を開放する。

商店街すごろく

中心市街地一帯では、商店街の各店舗をすごろくの升目に見立て、ゲーム感覚で巡る体験イベント「おかざき商店街すごろく」が5日に開かれる。午前10時〜午後3時。参加無料。37店舗が参加し、この日限定の趣向を凝らしたイベントやサービスで参加者を迎える。

康生通西2の岡崎シビコ大通り側入り口をスタート兼ゴールとし、参加者には升目となる店舗を記した「すごろくマップ」を配布。参加者はサイコロの出目に応じた升(店舗)に進み、各店舗でクイズやじゃんけんといった課題に挑戦。クリアの証しとなるスタンプをもらいながらゴールを目指す。

ゴールすると、参加店舗の商品や各店舗で利用できる商品券などが当たる「お楽しみ抽選会」に挑戦可能。また、関連企画として、一部店舗で多彩な商品を100円で販売する「おかざき100円商店街」、該当店舗のスタンプを集めると抽選に参加できる「電車どおり瓦版スタンプラリー」なども開かれる。

ページ最初へ