76.3メガヘルツ 見るラジオ出るラジオFMおかざき

川柳もどきコーナー

ブレイクNOW●毎週月〜木●10:15〜13:15
金らじワイド●毎週金曜日●10:15〜15:00

月/日 川柳もどき ラジオネーム
お 題:「傘」
6/8金 失業時 良き代案 傘張り屋 逆文次郎
蟋蟀(こおろぎ)も 茸の傘に 雨宿り 脳眠次郎
新緑に 紅をさしてる 野点傘 ママいく
かさぶたを 無理に剥がすは ドMです カサブランカ
雨に咲く 相合い傘は、恋の花
会うための 口実作って 傘を貸す ゆうみんママ
蛇の目傘 和紙の匂いに 祖母の顔
日傘差す うなじに見惚れ 先回り 銀矢
雨強く 足元水の 輪が出来る
「傘持て」と 煩く感じた 親の声
雨上がり 傘が減らない 出入り口
赤い傘 梅雨の気分を 晴れやかに
相合も 実はバッグに 折りたたみ
紫陽花と 傘の花みて つゆ感じ! 気比(けひ)の港
気に入りの 傘を忘れて 虹の橋 こもれび
はなやかな 傘が装う 若い夢
花柄の 日傘で忘れる 齢の数
真っ白な 日傘笑顔で 会釈する
落書きの 相合傘に ある名前 東アラ子
ブランドの 傘が雨ごい しています
會田規世児賞受賞
雨がさと ニラメッコする てる坊主
傘の中 少し濃いめに 紅をひく
傘いらぬ 会田先生 晴れ男
早苗田を 集団登校 傘の波 キリギリス
忘れ傘 乾いた涙の ような跡
宿あかり 蛇の目しっとり 二人連れ
とつぜんの あいあいがさで 恋近し ちゅー
6/7木 傘越しじゃ 偽りの身だ いい女 逆文次郎
差し掛けに 断りたいぞ 核の傘 脳眠次郎
6/6水 傘貸して 濡れて来る子か たうと(貴;とうと)さよ 逆文次郎
傘回し 四角い升が なぜ回る 脳眠次郎
蝙蝠が 蛇の目の後 付いて行く ママいく
6/5火 濡れた子や あのたよりない 百均傘 逆文次郎
傘寿(さんじゅ)なの? 贔屓目にみて 65 地口落ち次郎
錆びついて ずぶ濡れになる ジャンプ傘 ママいく
6/4月 我が子見ゆ おみかんみたい 黄色傘 逆文次郎
待ちぼうけ 雪の重みに 傘も泣く ママいく
夏の恋 火照り(ほてり)を冷ます ビーチパラソル カサブランカ
6/1金 傘さして バイク運転 捕まります 赤のライダー
急な雨 可愛いあの娘の 傘を待つ 銀矢
雨上がり 団地のベランダ 花盛り
百貨店 出口でぽんぽん 傘の花
雨上がり 手元の傘が 重くなる
ゆっくりと 相合傘で 帰る道
妻の為 相合傘から 半身出す
傘すぼめ 小さく歩く 都会(まち)の舗道(みち) Q
お日様が 明日は雨だと カサ被る
にわか雨 これ幸いの ひとつ傘
薄日にも お肌を守る 曇り傘 カサブランカ
あっ!まずい 人目を避ける 斜め傘
雨降った 買った直後に 雨上がる 大仙人
色白が 自慢の娘の 黒日傘 ゆうみんママ
応援の パラソル踊る 外野席
さし掛けた 傘の向こうの 照れ笑い
傘からは 足しか見えない 年少児
予報士が 百均の傘 買っている ママいく
百均は 風雨強けりゃ 骨になる 脳眠次郎
カラフルな 傘と越えます 八十路坂 東アラ子
老い二人 宿の番傘 いとおしむ
あじさいも 相合がさに 色をそめ
日やけ止 つけて日がさの 人となる
通学路 色とりどりの 傘の花
かさの中 みんな美人に 見えますよ
5/31木 百均は ゲリラ豪雨に 身をすくむ 脳眠次郎
5/30水 借りた傘 100本溜まる 無精者 脳眠次郎
5/29火 かさばるから 持っていかぬと 子は強気 ママいく
日が射して 蛇の目日傘に 早変わり 農民次郎
5/28月 傘いらぬ いい事あった 濡れて行こ カサブランカ
雨降りに 外に出なけりゃ 傘要らぬ 農民次郎
にわか雨 外にいなけりゃ 傘要らぬ

BACK

〒444-8691愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764